自営業からの転職した場合の年末調整は必要なの?また、その逆の場合は?

自営業の年末調整

皆さんの中では、自営業で個人事業主として働いていたけれど、転職して一般の企業に就職したという人もいるのではないでしょうか。

また、その逆で、企業に勤めていたけれど、転職して自営業で働いているという人もいるかもしれません。

企業に勤めていて、親の家業を継ぐために自営業に転職するということは時々耳にしますよね。

このように、自営業にかかわる転職をした時に気になるのが、年末調整についてです。

企業から別の企業に転職する場合は、転職後の会社で年末調整をすれば良いですよね。

でも、“自営業から一般企業”、または“一般企業から自営業”へと転職した場合は、年末調整はどうなるのでしょうか。

 今回は、自営業にかかわる転職をした場合の年末調整について説明していきたいと思います。

個人事業主から中途入社した場合の年末調整について

年末調整

まずは、もともとは自営業(個人事業主)として働いていたけれど、企業へ転職して、年末時点で雇用されている場合について説明します。

この場合には、今いる企業で年末調整をしてから、確定申告が必要になります。

つまり、年末調整・確定申告の両方が必要ということになります。

これは、企業で働いて得た収入は「給与所得」に分類され、自営業の時の収入は「事業所得」に分類されるため、合算して年末調整できないからです。

そもそも、自営業の場合には源泉徴収票もありません。

そのため、まず、今いる企業で年末調整を行い、源泉徴収票を受け取ります。

その源泉徴収票と自営業の時の事業所得を合算して、確定申告をします。

これで、納めるべき所得税が決定されるのです。

退職して個人事業主へ転職した場合の年末調整について

退職してから

次に、もともとは一般企業で働いていたけれど、退職して自営業(個人事業主)になった場合について説明します。

結論から言えば、このケースでは確定申告のみが必要となります。

まずは、年末調整までに前職の源泉徴収票を受け取る必要があります。

退職時に源泉徴収票の受け取り時期について何かしらの説明があるとは思いますので、しっかりと確認しておきましょう。

ちなみによくあるのは、最後の給料明細と一緒に源泉徴収票も郵送してくれることがあげられます。

企業によっては、年末調整の時期が近づくまで源泉徴収票を発行してくれない場合もあります。

なので、いつ源泉徴収票をもらえるかは必ず確認しておきましょう。

そして、次に、自営業になってからの収入である「事業所得」を計算します。

これについては、詳しい説明は省きますが、経費として所得から控除したい場合は領収書などが必要なので、しっかりと保管しておきましょう。

事業所得が分かったら、企業在籍時に受けっとった給料と事業所得を合産して、確定申告をします。

これで、所得税が確定します。

もしも、事業主として確定申告をしたことがない人の場合は、前もって、確定申告についても調べておく方が良いでしょう。

急に確定申告をすることになって慌てないように、準備万端で転職に挑みましょう。

それと、年末まで会社に勤めて、翌年から個人事業主になった場合は、前の企業の年末調整のみで、所得税が確定します。

年末調整・確定申告については、退職する時期にも注意してください。

 

まとめ

・自営業(個人事業主)→企業へ転職した場合

・年末調整と確定申告の両方が必要になる。

・企業で働いて得た収入は「給与所得」に分類され、自営業の時の収入は「事業所得」に分類されるため、合算して年末調整できない。(そもそも、自営業の場合には源泉徴収票もない)

・まず、在職している企業で年末調整を行い、源泉徴収票を受け取る。

・次にその源泉徴収票と自営業の時の事業所得を合算して、確定申告をする。

・一般企業→自営業(個人事業主)へ転職した場合

・このケースでは確定申告のみが必要となる。

・まずは、年末調整までに前職の源泉徴収票を受け取る必要がある。

最後の給料明細と一緒に源泉徴収票も郵送してくることが多い。

企業によっては、年末調整の時期が近づくまで源泉徴収票を発行してくれない場合もあるので、いつ源泉徴収票をもらえるかは必ず確認しておく。

・次に、自営業になってからの収入である「事業所得」を計算する。

・事業所得が分かったら、企業在籍時に受けっとった給料と事業所得を合算して、確定申告をする。

・もしも、事業主として確定申告をしたことがない人の場合は、前もって、確定申告についても調べておく方が良い。

 

以上、自営業にかかわる転職をした場合の年末調整について説明してきました。

自営業の場合は、源泉徴収票がないので、年度末時点で一般企業に勤めていても、合算して年末調整ができないのですね。

なので、自営業にかかわる転職をする場合には、必ず確定申告のやり方などについても良く調べておきましょう。

 

そして、自営業に転職するという人にとっては、年末時点での就業状況がポイントになるので、「いつ退職して自営業になるのか」ということも年末調整に大きくかかわってきます。

この辺りのことも考えて、いつ自営業を始めるかということも検討してみてはいかがでしょうか。