転職エージェントを使うと書類選考の結果が遅いのはなぜか?対処法は?

書類選考

転職活動をする際には、企業に直接応募する以外に、転職エージェントを経由して応募する場合がありますよね。

大手の転職サイトには、転職エージェントサービスも一緒に行っているため、利用している人も多いのではないでしょうか。

転職エージェントに登録しておくと、web履歴書をチェックして、エージェントの方からおすすめの求人情報を提供してくれます。

働きながら転職先を探している人は、転職先の企業を探す時間も限られます。
なので、向こうから求人情報を紹介してくれるととても助かりますよね。

このような転職エージェントからの紹介求人に応募する場合は転職エージェント経由で企業へ応募することになります。

また、大手の企業では、採用の手間を省くため、転職エージェント経由でしか応募を受つけていないところもあります。

そんな中時々、「転職エージェントに必要書類を送ったのに全然返事が来ない」という話を耳にします。

めぼしい求人情報を見つけたので、転職エージェント経由で応募したのに書類選考の結果の連絡が遅いととても心配になりますよね。

そこで今回は、転職エージェントからの書類選考の結果連絡が遅くなる理由と対処法について、説明したいと思います。

転職エージェント経由の応募の流れを知っておこう

応募

まず、初めに知っておいて欲しいのは、転職エージェントを経由すれば、当然、その分時間がかかるということです。

自分で企業へ直接応募する場合は、「応募→企業選考→結果連絡」となります。

一方、転職エージェントを経由すれば「応募→転職エージェント内選考→企業選考→転職エージェントへ結果連絡→本人に結果連絡」となります。

このように、通常よりも多くの工程を経て結果連絡となるため、直接応募するときよりも遅くなりがちなのです。

さらに、同一企業の応募が殺到すれば、転職エージェント内で書類を集めたり、書類を審査するのに、より多くの時間を必要とします。

そこからさらに、応募先の企業での選考が待っています。
なので、場合によっては1か月かかる場合もあります。

逆に、エージェント内での選考に落ちた場合はすぐに連絡が来ます。

なので、時間がかかっているということは、ある程度の段階まで審査通っていると考えて、気長に結果連絡を待ちましょう。

転職エージェントに応募した際に、目安となる選考期間を連絡してくれることもあるので、そちらも忘れずにチェックしておきましょう。

 

転職エージェントからの選考結果が遅い理由

結果が遅い

先に説明しましたが、転職エージェント経由での応募は、通常よりは選考に時間がかかることが分かっていただけたと思います。

しかし、他の問題で時間がかかることもあります。

1つは、応募先の企業の問題です。

応募先の企業がたまたま新卒採用などの時期と重なり、忙しくて、転職エージェントからの応募書類がそのままになるというケースもあるようです。

また、他の転職エージェントからも応募があることが分かっており、それらの書類が集まるのを待っていることもあります。

この場合、書類が集まるまで審査されないため、早めに出した自分の書類がそのままになっているということもあるようです。

2つ目は、転職エージェントの担当の問題です。

やはり、転職エージェントも人間なので「できる・できない」があるのは事実です。

転職エージェントのミスで書類を応募し忘れていたり、応募先の企業から返事を後回しにされていることもあるようです。

選考結果の連絡が遅いときはどうすればいい?

どうすればいい?

選考期間がどのくらいかわからない場合は、1~2週間を目途に転職エージェントに確認してみると良いでしょう。

メールや電話で連絡すれば状況を教えてくれます。

逆に、選考期間が前もって分かっている場合は、その期間を過ぎてから連絡をしましょう。

あまり、早めに催促すると、相手に悪い印象を与えることになりかねません。
他の採用にも影響する可能性も出てきますので、焦って早めに連絡するのはNGです。

私も過去に転職エージェントを利用したことがありますが、その際は、選考に1か月程度かかるということでした。

1か月過ぎても連絡がないので、連絡してみると、最後の選考に私ともう1人が残っており、迷っている状況とのことでした。

残念ながら最後の1人に選ばれず落ちてしまいましたが、このように連絡すれば今の状況を教えてくれます。

また、結果を気にするよりも、他の求人情報を見たり、別の企業にどんどん応募する方が良いでしょう。

応募の結果を気にして待っている時間を有効に活用して、転職のチャンスをどんどん大きくしていきましょう。

待っている間も動き続けて、最高の転職を実現させましょう!

 

まとめ

1.転職エージェントを経由すると通常より応募に時間がかかる
・自分で直接応募するときは、
「応募→企業選考→結果連絡」となる。

・転職エージェントを経由すれば
「応募→転職エージェント内選考→企業選考→転職エージェントへ結果連絡
→本人に結果連絡」
となる。

2.結果連絡が遅くなるその他の理由
①応募先の企業の問題
・応募先の企業がたまたま新卒採用などの時期と重なり、忙しくて書類が見られない。
・他の転職エージェントからもの応募も待っている。

②転職エージェントの担当の問題
・転職エージェントも人間なので「できる・できない」があるのは事実。
ミスで書類を応募し忘れていたり、応募先の企業から返事を後回しにされていることもある。

3.選考結果の連絡が遅いときの対処
・選考期間がどのくらいかわからない場合は、1~2週間を目途に転職エージェントに確認してみる。

・選考期間が前もって分かっている場合は、その期間を過ぎてから連絡する。
あまり、早めに催促すると、相手に悪い印象を与えることになりかねない。

・結果を気にするよりも、他の求人情報を見たり、別の企業にどんどん応募する。以上、説明してきましたが、返事が遅くなる理由もそれなりにあるので、よく確認をしてから、転職エージェントに連絡を取ってみましょう。

また、結果連絡は気にはなりますが、別の求人情報を探して、転職実現のチャンスを増やしていきましょう。

そうすれば、気づいたころには結果連絡も来るでしょう。
そうすることで、後悔のない転職もきっと実現できると思います。