転職エージェントのキャリアアドバイザーにイライラしたときの対処法は?

イライラ

働きながら転職をしている人にとって、転職エージェントの存在はとても助かりますよね。

転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーと呼ばれる人が専属の担当としてついてくれます。

自分が働いている間にも、自分に合った求人を探して紹介してくれたり、書類審査や面接が通りやすいようにアドバイスしてくれたりと、色々と助けになってくれます。

1人で転職活動していては、仕事が終わって帰宅した後や休日しか活動できないですよね。

そう考えると、とても時間が有効に使えます。

しかし、一方で転職エージェントのキャリアドバイザーも人間なので、相性というものがあります。

そのため、ちょっとしたことでイライラ感じてしまうこともあるようです。

そんな、信頼関係を築けないような相手と一緒に転職活動をしても、中々上手くいかないのではないでしょうか。

できれば、キャリアアドバイザーとも信頼関係を築いて、理想の転職先を見つけたいものです。

そこで今回は、キャリアアドバイザーの注意すべきポイントと、自分と合わない人が担当になってしまったときの対処法について説明していきたいと思います。

どんなキャリアアドバイザーに注意すべきか?こんな人に当たったら注意

アドバイザーに要注意

転職エージェントに登録するとキャリアアドバイザーと呼ばれる人が担当につき、面接をまず行うことになります。

面接を通して転職先の要望をヒアリングした後、希望に合う企業を紹介してくれるという流れです。

転職先が決まるまでは長い付き合いになることもあるので、面接の時からしっかりとキャリアドバイザーのことをチェックしておきましょう。

特に、注意すべきポイントを以下に紹介します。

面接の質問が下手。

面接のときに、同じような内容の質問を繰り返してきたり、こちらの要望をしっかりとキャッチできないような人は注意です。

面接の時からその調子では、後々紹介してくる企業も的外れである可能性が高いです。

業種は合っていても、細かい要望が漏れているなんてこともあり得ます。

こうなってくると応募先の企業にも正確に情報を伝えたり、アピールできているかも不安になりますよね。

 

レスポンスが遅い

メールや電話のレスポンスが悪い人も注意です。

転職活動は複数社を同時進行で受けることも多いはずです。

どんどんスケジュールを決めて、進めていきたいときに、レスポンスが悪いことは致命的です。

 

エージェント都合で求人紹介してくる

これは、明らかに自分のことしか考えていないエージェントです。

転職エージェントは転職が成功すれば自分の成績につながります。

なので、単純に受かりやすいところへ紹介して、自分の成績を上げようとしか考えていない人の場合、このようなことが起こります。

希望もしない転職先を進められても時間の無駄ですよね。

 

マナーや態度が悪い

これは、「しっかり紹介してくれれば別にいい」と思う人もいるかもしれません。

でも、大抵の人はマナーが悪いと気になりますよね。

信頼関係を築くという点では難しいのではないでしょうか。

また、マナーや態度に気配りができない人では、こちらの細かい要望にも気を配れない可能性が高いです。

以上のようなエージェントに当たった場合は注意しておきましょう。

その後の、転職活動が問題なく進めばそのままでも良いと思います。

しかし、そのせいで転職活動が思うように進まない場合はどうすれば良いのでしょうか?

もしも自分に合わないキャリアアドバイザーだと感じたらどうすればいい

合わない

もし、自分に合わないキャリアアドバイザーだと感じた場合には、まず自分が変わる必要がないか、見つめなおしてみましょう。

先ほども書いたように、キャリアアドバイザーは転職が成功しなければ、自分の評価になりません。

なので、転職に対する本気度の高い人の方が優先順位は上です。

もし、何かの誤解で「転職できれば転職したい」程度に相手が受け取っていたら、向こうからの対応も誠意がないものになってしまいます。

自分の「転職したい」という気持ちが本物ならば、それを態度で示しましょう。

希望する企業の面接があればすぐに予定を決め、こちらのレスポンスは早くしましょう。

また、相手に「自分は早く転職したいから、早めに連絡が欲しい」と、実際に言葉で伝えても良いでしょう。

本気だということが分かれば、キャリアアドバイザーも結果を出すために、迅速に対応してくれるようになるでしょう。

それでも、対応が遅かったり、自分の意向に合わなかった場合は、キャリアアドバイザーを変えてもらうのが良いでしょう。

連絡方法は通常、電話でもメールでも可能です。

ただし、変更してほしい理由は丁寧にお知らせしましょう。

あまり自分勝手な理由で変更を申し出ると、逆にキャリアアドバイザー側から「厄介な客」としてブラックリスト入りしてしまうでしょう。

 

できるだけ丁寧に、「こういう理由で困っている」から「こういう対応を望みたいので、適している人の変えて欲しい」と伝えましょう。

 

まとめ

 

  • こんなキャリアアドバイザーには注意

①面接の質問が下手。

②レスポンスが遅い

③エージェント都合で求人紹介してくる

④マナーや態度が悪い

・もしも自分に合わないキャリアアドバイザーだと感じたら

・自分の転職に対する本気度を示す。

転職が成功すればキャリアアドバイザーの評価にもなるので、対応が良くなる可能性大

 

・キャリアアドバイザーの変更を依頼する

変更の理由は丁寧に説明する。

何に困っていて、どうして欲しいのかを明確に伝える。

自分勝手な理由での変更依頼は逆効果。相手に「厄介な客」という印象を与えてしまう。

以上を参考に、転職エージェントやキャリアアドバイザーと上手く付き合いながら悔いのない転職を実現させてください!