製造業を退職したい!でも退職の理由を職場にどう伝えればいい?

製造業の女性

転職活動をしている人の中には、現在、製造業で働いている人もいるともいます。

転職活動を通して、無事内定をもらえたら、当然職場に退職の意思を伝える必要があります。

しかし、製造業の場合、職場の環境や人間関係などの問題により、退職の意思を中々伝えられなかったりする場合があるようです。

そこで、今回は、製造業で転職を考えている人の為、下記の内容について説明したいと思います。

製造業の“ホンネ”の退職理由とは?どんなものがあるのか?

製造業って聞くと、“きつい”とか、“立ち仕事が多い”、“休みが少ない”とかそんなイメージがありますよね。

では、実際、製造業の退職理由にどんなものがあるのでしょうか。

ディップ総合研究所の2019年4月25日「製造業の就業実態」の調査結果を参考に見てみると、「仕事のやりがいがない」、「職場環境が整っていない」、「昇給や評価が適当でない」、「給与が仕事内容の割に不十分」などが上がっています。

この結果を見てみると、

①“仕事場が夏場に暑すぎてつらい”とか“上司と合わない”といった環境の問題

②“仕事の内容や拘束時間に対して給料&昇級が少ない”といった時間とお金の問題

③“同じ業務ばかりで単調”、“自分でなくてもできる”といったやりがいの問題

などに大きく分類されるようです。

みなさんの退職理由もこのいずれかに該当するのではないでしょうか?

 

退職する前にやるべきことはすべてやったか?自分に問いかけよう!

自分に問いかける

では、以上のような“退職したい!”という気持ちを抱えている人はどうしたらいいのでしょうか?

私が考える一番初めにすべきことは、“今の会社で、自分の抱える問題を解決できないか“ということです。

例えば、職場の環境が悪かったり、仕事の内容が自分に合わないならば、別の部署へ移動することで解決できないか?

仕事への拘束時間が長くて、困っているならば、休日出勤は断ったり、週数回は定時退社にさせてもらえないか?

このように、今いる会社で、何とか解決策を模索してみましょう。

直属の上司に言ってもダメならば、さらにその上の上司に言ったり、人事などに相談するのもありだと思います。

ちなみに、私も製造業で働いていて、過去に転職したことがあります。その際には、三年間かかりましたが、部署異動のお願いをして、希望通りに異動することができました。

大切なのは異動するまでの間もしっかりと仕事をこなして、こちらのお願いを通してもらう代わりに、今いる部署へ貢献もするということです。

なので、家庭の事情や体調面の問題ですぐに異動が必要という人以外は、今の部署で結果を出しつつ、自分のやりたい環境へ徐々に近づけていくという作業も必要だと思います。

 

辞めたいけど辞められない!そんなあなたの為に退職代行サービス!

退職届けを出す

今いる会社で色々とやれそうなことはやったけど、やっぱり退職したいとなったら、遅かれ早かれ、退職の意思を伝える必要がありますよね。

しかし、製造業では、退職の意思を伝えることが難しい場合もあるようです。

それにはどのようなケースがあるのでしょうか。

例えば、拘束時間が長いことに原因があるのですが、働く時間が長く、終電ギリギリまで働く必要がある為、“上司と話す時間が無い”なんてことがあるみたいです。

また、勤務時間がバラバラで睡眠時間が取れなかったり、立ち仕事や力仕事が多く、疲れてしまう為、“退職のことを話す気力がない”という人もいると思います。

他にも、上司のパワハラが怖くて言い出せないというケースもあるようです。

では、そんな人たちはどうしたら良いのでしょうか?無理して働き続けても自分の体を壊すだけですよね。

実は、そんな、退職の意思を伝えられない人の代わりに「辞めたい」という意思を伝えてくれるサービスがあるんです!それが、“退職代行サービス”です。

退職代行サービスとは、料金を支払うことで、自分の代わりに会社に退職の意思を伝えてくれるサービスで、製造業での需要は結構伸びてきているようです。

このサービスを利用するメリットとしては、会社の人間と直接やり取りをしなくて済み、会社に行くかなくても、退職できる点です。

また、退職代行サービスを行う業者は弁護士とも提携しているので、万が一、法的な争いになっても安心です。これが、もし、個人で対応していたら少し戸惑ってしまいますよね。

もし、みなさんの中に、退職の意思を決めたけど、会社に意思表示をできなくて困っている人がいたら、退職代行サービスの利用も検討してみてはどうでしょうか。

 

まとめ

1.製造業の“ホンネ”の退職理由には以下のようなものがある。

  • “仕事場が夏場に暑すぎてつらい”とか“上司と合わない”といった環境の問題
  • “仕事の内容や拘束時間に対して給料&昇級が少ない”といった時間とお金の問題
  • “同じ業務ばかりで単調”、“自分でなくてもできる”といったやりがいの問題

2.退職する前に今の会社でできることはすべてやったか?

  • 職場の環境が悪かったり、仕事の内容が自分に合わないならば、別の部署へ移動することで解決できないか?
  • 仕事への拘束時間が長くて、困っているならば、休日出勤は断ったり、週一回は定時退社にさせてもらえないか?
  • 直属の上司に言ってもダメならば、さらにその上の上司に言ったり、人事などに相談する。

3.退職の意思を決めたけど、会社に意思表示をできなくて困ってるならば、
  退職代行サービスの利用も検討する。

 

以上、製造業の退職の理由や退職前にやるべきこと、退職の意思が伝えられない場合の対処法について説明しました。

製造業を退職したいけれど、困っている人たちの参考になれば幸いです。