障害者枠から一般枠へ転職したい人は今一度自分自身を見つめなおして!

車椅子
現在働いている人の中には、「障碍者雇用枠」という条件で働いている人もいると思います。

そんな人が持つ悩みとして、「給料が安くて将来が不安」、「単純な仕事ばかりでもっと面白い仕事がしたい」などがあるのではないでしょうか。

どうせ働くなら、給料が高いほうがいいし、楽しいと思える仕事がしたいと考えて、障害者枠から一般枠への転職を検討する人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、障害者枠のメリット・デメリットや転職する前に考えておくべきことについて紹介していきたいと思います。

障害者枠から一般枠へ転職を考えている人はぜひ、参考にしていただき、より良い仕事を探す手助けになれば幸いです。

そもそも障害者枠とはどんなものなのか。もう一度意味を確認しよう

まず、そもそも障害者枠というのはどういったものか確認しておきましょう。

障害者枠とは、「障害者が自身の障害を苦にせず、能力に応じて働くことができるようにサポートを受けられる採用枠」のことです。

この制度を受けられるのは、障害者手帳を所持している人のみです。

ただし、障害者手帳を所持している場合は、必ず障害者枠で雇用されなければいけないのかというと、そうではありません。

障害者手帳を持っている場合には、一般枠で応募するか障害者枠で応募するか選択することができます。

事実、障害者手帳を持っている人の中にも一般枠で働いている人はいます。
なので、障害者枠から一般枠への転職も可能です。

しかし、今一度、転職する前に障害者枠のメリット・デメリットも含めて考えてみましょう。

本当に転職すべきかを考えることは障害者に限らず重要なことです。
「転職したけれども、やっぱり元の仕事のほうがよかった」といったことにならないように、しっかり自分を見つめなおしてください。

障害者枠のメリット・デメリット

早速ですが、まず、障害者枠のメリットについて紹介します。
1つ目は、障害への理解が得られることです。
障害によっては、苦手な仕事やできない仕事もあるはずです。
何が苦手かということを組織の中で共有しておくことで、無理な仕事をさせられることはないでしょう。

これは組織にとっては重要なことだと思います。
なぜなら、得意なことを得意な人に割り振るほうが効率が良いからです。
“適材適所”のために得意なこと苦手なことは、はっきりとオープンにしておくべきでしょう。

また、障害がばれるのではないかというストレスも感じることはありません。
その分、仕事に集中することができるでしょう。

2つ目は障害を持つ者同士の友人ができるという点です。
同じように障害を持つことで苦労している人と、一緒に励ましあったり、相談しあったりすることは精神的に大きな助けになります。

3つ目は様々な支援制度を活用できる点です。
ハローワークでは障害者専門の担当員がいて、就職の手助けをしてくれます。
また、福祉施設や支援団体と連携して就労の準備段階から職場定着までをサポートしてくれます。

一方、デメリットもあります。
1つ目は、給料が一般枠と違って安くなる傾向があるということです。

2つ目はやりがいがない仕事を任される可能性が高いということです。
障害があるため、苦手な仕事を割り振られない一方、単純な作業の仕事ばかりを任されることもあるようです。

なので、自分のやりたい仕事がある場合は、やりがいを感じられずに悩むこともあるかもしれません。

転職する前に今できること、やるべきことはないか

前項で書いた通り、障害者枠にもメリットがあれば、デメリットもあります。

なので、単純に「一般枠に入りたい」というだけでは、きっと転職後に後悔します。
これは通常の転職でも言えることで、今の仕事に飽きたとか、環境を変えたいなどの漠然とした理由で転職すると失敗するのと同じです。

そもそも、「自分がどんなことをしたいのか」、「仕事を含めたライフスタイルはどうしたいのか」ということをしっかりと考えてみると良いでしょう。

現在では副業も認められ、クラウドソーシングなど自宅でできる仕事も増えてきています。

例えばですが、収入をもっと上げていきたいという人は、転職するだけではなく、週末などにクラウドソーシングで自宅で仕事をしながら稼ぐという方法もあるはずです。

俗にいう週末起業というやつですね。

そうやって実勢を積み、情報発信していけば、いずれ自分でも仕事をとれるようになるかもしれません。

私の場合も収入に不安があるので、平日は会社で働き、平日の夜や週末はクラウドソーシングで受けたライティングの仕事などをしています。

連休などがある場合は1日だけ単発の仕事に出て行ったりもしています。

以上のように、1つの企業に勤めるだけがすべてではありません。

自分がどんな仕事をしたいか、そして、どんな働き方をしたいかということも含めて、転職を検討してみてください。

まとめ

1.障害者枠とは

  • 障害者が自身の障害を苦にせず、能力に応じて働くことができるようにサポートを受けられる。
  • この制度を受けられるのは、障害者手帳を所持している人のみ。
  • 障害者手帳を持っている場合には、一般枠で応募するか障害者枠で応募するか選択することが可能。実際、障害者手帳を持っている人の中にも一般枠で働いている人はいる。

2.障害者枠のメリット・デメリット

①メリット

  • 障害への理解が得られる。
  • 障害を持つ者同士の友人ができる。
  • 様々な支援制度を活用できる。

②デメリット

  • 給料が一般枠と違って安くなる傾向がある。
  • やりがいがない仕事を任されることがある。

3.転職する前に今できること、やるべきことはないか

  • 障害者枠にもメリットがあれば、デメリットもある
    なので、単純に一般枠に入りたいというだけでは、きっと転職後に後悔する。
  • そもそも、「自分がどんなことをしたいのか」、「仕事を含めたライフスタイルはどうしたいのか」ということをしっかりと考えることが大切
  • 例えば、収入をもっと上げていきたいという人は、転職するだけではなく、週末起業するという方法もある。
  • 1つの企業に勤めるだけがすべてではない。自分がどんな仕事をしたいか、そして、どんな働き方をしたいかということも含めて、転職を検討してみてはどうか。

以上を参考に、転職する前に自分が今やれることはないのか、良く見直してみてください。

そして、自分自身で納得したうえで、最高の選択肢を選んでください!