高卒だけど転職して将来性のある仕事をしたい人へ

将来性

高卒で社会にデビューして働いているけれど、今の自分の仕事に何となく不安を感じている人はいませんか?

「今のままの仕事を続けていて、将来、生活に困らないか?」、「10年後も今の仕事はあるのか?」という不安を持ちながら仕事をしていると中々仕事に身も入らないですよね。

 

しかも、最近では、AI化が進むことによって、「AIに奪われる仕事」と「残る仕事」について、テレビで紹介されたりしています。

こんな話題を聞いたらさらに、不安が大きくなってしまいますよね。

 

そこで、高卒でも将来性のある仕事をしたいと考えている人へ向けて、どのような仕事に価値があるのか紹介していきたいと思います。

 

将来性のある仕事を求めて転職も視野に入れている人はぜひ、参考にしてみてください。

AI化が進むことによりなくなる仕事と残る仕事

AI化

まず、世間でどんな仕事がAIに奪われると言われているのか見ていきましょう。

奪われる仕事の代表といわれているのが、「単純作業」です。

工場内でも、「段ボールをセットするだけの仕事」、「出来上がった製品を仕分ける仕事」など、ひたすら同じ作業を繰り返す仕事はAIの得意とする分野です。

 

しかも、人間と違って疲れてしまったり、集中力が途切れるということがないため、人間が行うよりも効率的です。

このような仕事はAIに奪われる可能性が高いです。

 

他にも、電気、ガスの検針のような測量の仕事や機械を操作する仕事もAIにとって代わられるといわれています。

 

さらには、スーパーのレジなどの作業もAIに奪われやすい仕事です。

現に、最近のスーパーでは、セルフレジが増えてきて、明らかに以前より人員が減っていますよね。コンビニのレジもいずれ無人になるかもしれません。

 

ロボットの技術が発展すれば、掃除や調理に関する仕事もロボットで対応できるでしょう。

まさに、お掃除ロボの“ルンバ”などは人間の掃除するという家事を代わりにやっていますね。

これは、人間の仕事を奪う可能性があるということを意味しています。

 

一方、AI化が進んでも残るといわれている仕事があります。それは、コンサルティング、マーケティングや研究職などです。

 

これらは、AIの苦手な「人とのコミュニケーション」や「開発」の要素を含んでいるからです。

このような仕事はパターン化することが難しく、AIは苦手なのです。

 

こう見ると、すぐに「AIに奪われない」ということが将来性のある仕事ということになるのでしょうか?

次の項で詳しく見ていきます。

そもそも将来性のある仕事ってどんなものを指すのか?

将来性のある仕事

将来性のある仕事というのはどのようなものをいうのでしょうか?

将来性のある仕事には3つの条件があります。

①単純作業でない、②生活に不可欠、③業界が今後伸びていくと見込まれる

の3つです。

 

1つ目の「単純作業でない」ということについては、先に説明したとおりです。これは「AIに奪われない」と言い換えても良いでしょう。

当然ながら、これに該当する仕事は、その仕事自体がなくなってしまう可能性があります。

 

2つ目の「生活に不可欠」というのは、衣食住に関するものといえるでしょう。言い換えれば、「流行に左右されない」とも言えます。

逆に、流行に左右されてしまうものは、今は給料も保証され、働き口もたくさんあっても、数年後には働き口が少なくなったり、給料が減ったりしてしまう可能性が大きいです。

 

3つ目は「業界が今後伸びていくと見込まれる」ものです。

例えば、高齢化に伴い高齢者を相手とした仕事は今後需要が高まっていくでしょう。

また、日本は観光地が多く、観光目当てで来日する外国人も多いです。

このような観光地に関する仕事や外国人を相手にする仕事も今後の需要増加が見込めるでしょう。

さらに、IT業界の仕事もまだまだ今後の伸びが見込まれています。

 

このような3つの条件に当てはまる数が多いほど、将来性のある仕事と考えてよいでしょう。

 

高卒でも就ける将来性のある仕事とは

夕焼けのビルの風景

それでは、最後に高卒でも就ける将来性ある仕事について、具体的に見ていきましょう。

 

まずは、ダントツでエンジニアがおすすめです。

開発などの要素が含まれ、顧客の求めるシステムをヒアリングするなど対話の能力も求められます。

さらには、まだまだ、IT社会は発展していく可能性を秘めています。

以上の理由で総合的に見て、とても将来性のある仕事といえるでしょう。

 

また、エンジニアの仕事で特にプログラマーは学歴を必要としません。

能力さえあれば仕事ができますし、経験も評価されます。

プログラマーとしての経験を積み、理解が深まれば、ITエンジニアなどさらに幅広い仕事をできるようになるでしょう。

 

また、介護士や看護師も今後需要増加が期待される仕事です。先ほども少し書きましたが、今後は高齢化が進むことで、高齢者の介護や看護をする人は不足することが予測されています。

さらに、これらの仕事は、高齢者とのコミュニケーションも不可欠です。

このような仕事はやはり、AIに奪われることはないでしょう。

 

次に、観光業も需要が高まりつつある仕事です。

日本は観光の名所が数多くあり、治安も良く、さらに衛生的で綺麗です。

なので、外国人にとっては安心して、観光を楽しむことができるのです。

 

日本に来る観光客も年々増加傾向にあり、今後も伸びていくことが予測されます。

企画や営業、添乗員など観光にまつわる仕事の職種は色々とあるので、自分に合った仕事を見つけやすいのではないでしょうか。