SEの3年目は誰でも転職を考える時期!自分の目標を考えよう

SE3年目

SEという仕事はここ最近、ソーシャルゲームなどの人気もあり、とても需要のある職業になっていますよね。

IT系の企業をはじめ、どこの企業でもSEが不足しているなんて言う話をよく耳にするのではないでしょうか。

しかし、引く手数多のSEになった人の中でも、3年目に差し掛かると「このまま仕事を続けるべきか、転職すべきか」という悩みに直面します。

どんな職種でも、新卒入社し、ある程度実力もついて仕事ができるようになると、「今の仕事をずっと続けるのか」という悩みはつきものです。

そんな中でも、今回はSEという職種に絞って、3年以内での転職について書いていきたいと思います。

ホワイト企業からの転職は特によく考えて!会社にとっては痛手

SE(System Engineer:システムエンジニア)は、人気の職種です。

私もSEにあこがれを持っていて、もっと早ければSEを目指してみたかったと思っています。

新しい働き方への取り組みも早くて、在宅勤務などを実施している企業も多いですよね。働き方が多様化することにいち早く対応できている職種がSEだと感じています。

そんなSEになって働いている人たちも、3年目くらいになると、転職について考えます。

「今の会社のままキャリアを積み上げるのが良いか」「別の会社や別の職種にチャレンジすべきか」という悩みはつきものでしょう。

そんな時、まず1番に確認してほしいことは、「今の会社がホワイト企業かどうか」ということです。

正直、ブラック企業であるならば、すぐに転職するのも問題ないと思います。

しかし、ホワイト企業であるならば、多少のリスクがあることを考えましょう。

ホワイト企業であるならば、それなりに、研修にも力を入れていて、1、2年で力をつけて、3年目でほぼ戦力になるように育てようとしています。

つまり、3年間は新人に投資しているのです。企業としては赤字ということを意味します。

3年赤字覚悟で投資してきたのに、3年目で辞められてしまうというのは、企業にとっては痛手になるのです。

ホワイト企業の転職履歴は、他企業へ転職する際にも厳しく見られることがあります。

他の企業からすれば、「あのホワイト企業を3年でやめてしまうのか。」、「うちで育ててもまた辞めるのではないだろうか」と思われてしまう可能性もあるのです。

自分の今いる会社がホワイト企業なのかどうかを見極めておくことは重要です。

見極めるポイントとしては、「研修に力を入れているか」、「会社負担でかつ資格を取ることを奨励しているか」ということがあげられます。

この点をチェックしておきましょう。

自分の仕事の目標について考えてみよう。そもそもSEに向いているか?

自分の働いている会社がホワイト企業かどうか分かったら、次は自分がSEの分野を続けたいのか?それとも辞めたいのか?

つまりSEに向いているのかどうかを考えてみましょう。

SEに向いているかどうかは単純にプログラミングが好きかどうかで判断しても良いのではないでしょうか。

仕事が休みの日でも、プログラミングに興味を持ち、新しいことを学んでいくのが苦ではないという人は間違いなくSEに向いているでしょう。

逆にそうではないという人は、向いていない可能性が高いです。日進月歩で進化していくITの世界についていくには、やはり、日々勉強していくほど好きでないと続けていくのは困難なのではないでしょうか。

次に、SEとして続けるならどうしたいのか?上流の企業で開発などを行いたいのか?

それとも職種を変えて、新たにチャレンジしたいのか?色々とあると思います。

「自分が何をしたいのか」、「どんなことにチャレンジしたいのか」をよく考えましょう。これについては、一人ひとりの答えが違うものなので、自ら答えを見つけるしかありません。

そのためには、今の自分の能力や経歴を棚卸し、自分の強みを探してみるのも良いのではないでしょうか。

また、転職エージェントなどに登録して、「自分のやりたいこと探し」を手伝ってもらうのもありだと思いますよ!

 

転職以外の道はないか?現在の会社でできることはないか考えてみよう

転職 以外の道

やりたいことが見えてきたら、それは転職ではなくて、今の企業では実現できないのか考えてみましょう。

例えば、自ら新しいプロジェクトなどに参加させてもらえるようにアピールしてみてはどうでしょうか。当然、それをするための実力は必要なので、日々の勉強は欠かせません。

上司に働きかけて新しいプロジェクトでやりたかった開発の仕事をできたという話もあります。

しかも、実際プロジェクトを始めてみると、「先輩社員より、日々勉強していた自分の方が仕事ができた」なんて話もあります。

SEを辞めたい人でも、社内の異動で対応できないか考えてみましょう。SEの仕事を最も活かせる別の仕事というのは「IT系の営業」だそうですね。

SEで得た知識があれば、より具体的な提案などができますね。普通は営業というのは、そこまで技術的なことに強くない人も多いので、営業としても強みを持つことができます。

以上のように、社内でもできることが残されているならば、やれることはすべてやってみることをおススメします。

 

まとめ

ホワイト企業からの3年以内の転職は、後々悪影響の可能性も。

自分の会社がホワイトかどうか見極めておく。

  • まず、SEに自分が向いているのかを考える。ポイントは「プログラムが好きかどうか」。

土日もプログラムについて勉強することも苦ではないなら向いている。

 

次にやりたいことを考える。自分の棚卸をして、強みを考えてみる。難しければ、手職

エージェントの力を借りるのもあり。

  • 転職以外の道はないのか考える。

例えば、

  • やりたいプロジェクトに参加させてもらえるよういアピールする。
  • 営業などへ異動させてもらう。

などできることはすべてやってみる。

3年目くらいになると、転職するかどうかはだれもが抱える悩みだと思います。

逆に、自分の将来を見つめなおす機会にできると良いですね。そのために今回の記事が少しでも役に立てば幸いです。