うつ病でも転職活動したい。けど正社員になれない?と悩んでいる人へ

うつ病

世の中には、ブラックと呼ばれるような会社で激務の中働いている人や、上司や周りの仲間と上手くあわないなど、悩みを抱えて働いている人もいますよね。

そんな状態が長く続けば、うつ病になってしまう人もいると思います。

うつ病は、とてもつらく働くことが困難なので、完治するまでゆっくり休むべきです。

では、そんな、今もうつ病で困っている人や、復帰しているけれどうつ病の経験がある人は、転職するときにデメリットはあるのでしょうか。

中には、「過去にうつ病だったと言ったら、正社員になれないのでは?」と考えている人もいるかもしれません。

そこで、今回は、うつ病にかかっている人や過去にかかっていた人が転職活動をするときの注意点や働き方について紹介したいと思います。

うつ病でも働くことは全然可能なので、ぜひ、この記事を参考に自分の働く場所を見つけてみてください。

 

転職活動の際、書類や面接でうつ病ことに触れなきゃいけない?

転職活動 書類

うつ病の経験がある人やうつ病が完治していない人が、転職活動をするときに一番気になるのがこのことですよね。「正直に言うべきか、それとも嘘をつくべきか・・・」。

結論を言えば、あえて言う必要はありません。但しそれには条件があります。それは、問題なく業務ができる場合です。業務に支障がないならば、あえて自分の病歴を言う必要はありません。

一つ注意することは、自分の独断で決めないということです。かかりつけの医師やカウンセラーなど専門家としっかりと相談し決めてください。

次に、まだうつ病が治りきっていない人は、正直に書類にも記載するべきですし、面接でも当然そのことに触れられると思うので、事実を話しましょう。

体調面に不安があるのに無理して隠しても、職場での配慮を得られずに自分がつらくなります。なので、必ず事前に伝えるようにしましょう。

ただ、やはり、本来は治りきってから転職活動をするのがベストだと思います。それは、転職活動自体ストレスになるからです。

うつ病が治るまでは、休職するなど、今の会社にまず相談してみてください。

どうしても働きたい場合は、医師などの専門家と相談しながら、バイトなどから始めるのもよいのではないでしょうか。

ともかく、無理をし過ぎて、また、うつ病が重症化するということは絶対に避けてください。

 

「再発したらどうしよう」と悩んでいる人は、働き方も考えてみよう!

うつ病再発したらどうしよう

うつ病をある程度克服しても、長く就業を続けていたら、また再発するかもしれないという不安は常にあるのではないでしょうか。

そんな中、企業でもフルタイムの正社員という働き方以外にも働き方が徐々に増えてきています。

これらの新しい働き方なら、プライベートを大切にしながら働くことができます。

なので、仕事に追い詰められ、うつ病が再発するかもしれないと考えている方は、これらの働き方を知って、自分の1つの選択肢として持っておくのも良いのではないでしょうか。

具体的には、「時短正社員」がその1つです。これは、決まった日数だけ働きたい人のために、週40時間勤務のフルタイムよりも、短い労働時間で正社員として雇用するものです。

この制度を利用して、働きながら、ボランティアをしたり、自己啓発やサロン活動をしたりしている人がいます。

他にも、「在宅勤務正社員」という働き方もあります。これは、元々は、システムエンジニアなどに多かった働き方ですが、会社に通勤せずに自宅でインターネットを使い、仕事をすることです。

時々、打ち合わせなどのために、会社に出向くこともありますが、基本は自宅で仕事をすることができます。

職種も最近は増えてきており、システムエンジニア以外にも、ライターや事務、秘書などの業務があります。

週5回通勤し、1日8時間働くという以外にも、このように働き方も多様化してきています。ぜひ、自分に合った働き方を見つけ、ストレスを最小限に抑えて働けたらベストですね!

 

内定がもらえない。そんな人のための転職サービスもありますよ!

内定がもらえない

しかし、やっぱり、うつ病の経験があるとわかっていると、内定自体がもらえないということもありますよね。

中には、内定をもらった後、うつ病が治りきっていないということを告げたため、内定取り消しになったということも聞いたことがあります。

せっかく、内定をもらえても取り消しになるなど、さらに大きなストレスになってしまいますよね。

そんな時はどうしたらよいのでしょうか。そんなうつ病などの病気に悩んでいる人が受けられるサービスを行う事業所として、「就労移行支援事業所」というものがあります。

これは、“企業への就労を目指す障害者の方又は、それに相当すると認められた方をサポートする事業所”です。この支援をうつ病気の人も受けることができるのです。

このサービスの利用期間は生涯で2年間と決まっています。2年過ぎても、期間を延長すれば、最長1年まで伸ばすことはできますが、申請が通るとは限りません。

2年たっても、就職できなかったり、延長が通らなかった場合は、就労継続支援施設や地域活動支援センターへの移行などを検討し、2年の期限終了後の方針を決めることとなります。

では、具体的にこの支援では何を受けられるのかというと、転職活動支援はもちろんのこと、職業訓練や企業実習なども受けることができます。

自分に合った技術を身に付けたり、利用者に合った求人情報を一緒に探してくれます。それと同時に、面接や職務経歴書の書き方なども支援してくれます。

普通の転職サービスでは受けられない、一人一人に寄り添ったサービスをしてくれますので、転職活動が中々上手くいかないという人は一度利用を検討してみてください。

 

まとめ

1.転職活動の面接や書類でうつ病について触れるべきか

①業務に支障が無ければ触れる必要はない。

②逆に支障があるならば触れるべき。うつ病で業務に支障があると伝えることで、配慮を受けることもできる。逆に、隠して無理をしたせいで、ストレスになる可能性がある。

③専門家と相談しながら、うつ病について報告するか決める。独断で決めない。

2.「時短正社員」や「在宅勤務正社員」などフルタイム以外の正社員も視野に入れる。

3.中々、内定がもらえず悩んでいる人は、「就労移行支援事業所」の利用も検討してみる。

うつ病に悩みながら転職活動している人も以上を参考に自分の働きやすいベストな働き方を探してみてください!