uターン転職で後悔しないために必ずやっておきたい3つのこと

家庭の事情や自分の考えでuターン転職をする人は年々増えてきています。

地元はなんとなく知っているけど、就職するとなると、どんなことが必要となるのか悩む人も多いでしょう。

しかも、地元で再度転職をするとなると非常に大変なことも多いです。

 

uターン転職で後悔をしないためにはどういったことに、
気をつけなければならないのでしょうか。

 

ここでは気をつけるべきことを3つに絞って紹介します。

 

可能な限り転職サイトに登録し、地元のハローワークも最大限に活用する

スキルをもっている場合はそれを最大に活用できる職種を選ぶという方も多いでしょう。実際に専門職専用の転職エージェントやサイトもあるくらいです。

しかし、スキルや国家資格もないという人も大勢います。

こういった人たちにおすすめするのは、複数の転職サイトに登録する、かつ、地元のハローワークを最大限に利用するということです。

○○に強い転職サイトというキャッチコピーを用いている転職サイトでも、全ての情報を手に入れているわけではありませんし、自分が希望しそうな会社がたまたまそこのサイトに登録しているかは不明です。

そこで複数の転職サイトが必要になってくるのです。複数の点よくサイトを確認するのは労力になりますし、メールが何通も来てうっとおしく感じるかもしれません。

しかし、ローリング作戦なんだと自分に言い聞かせて自分が希望する求人をとりあえず全て確認するといった気持ちでいましょう。

また、零細企業や中小企業も考慮にいれている人は地元のハローワークも利用しましょう。ハローワーク主催のIターン、Uターン就職説明会というものも近年増えています。

自分が理想とする条件があるかもしれませんので行ってみる価値はあるといえそうです。

 

住環境に関する情報を集めておく

uターン転職は引越しが必ずつきものです。

実家で親と同居するという人もいるかもしれませんし、新たに家を借りるという人もいるでしょう。

このとき、住環境に関する情報を集めておかないと後悔するかもしれません。

都市部ではオール電化の賃貸もかなりありますが、地域によってはまだ、オール電化ではなく、ガス代がかかる、しかも比較的料金の高いプロパンガスという可能性があります。

また、冬場は灯油代が必要となるという地域もあるでしょう。

昔住んでいたからなんとなく知っているではなく、実際に自分が住むことが想定される家での情報を入手しておいたほうがいいでしょう。

物価が下がったが、それ以上に水道光熱費でお金がかかって、給料の高い職場に再度転職したという事例もあります。

住み始めてからの固定費だけでも想定ができるといいでしょう。

実家で親と同居する予定の人は、お金の負担割合や、生活の干渉度合なども家族のためにしっかり話し合っておいたほうがベターです。

 

貯金をしておく

uターン転職では何が起こるかわからないため、後悔をしないためにも念のための蓄えをしておきましょう。

基本的にはuターン転職先が決まってからの引越しとなります。

もし、引っ越してから転職先を決定しようと考えているのであれば、必ずすぐに転職先が決まるとは限らず危険なのですぐにその考えを改めてください。

私の親戚は、とある企業の支店で地域職で内定をもらっていました。

居住地もその支店と実家の間のところにして、介護にもそなえられるように手配していました。

しかし、入社1週間前に、内定をだしていた支店ではなく車で90分ほどの営業所での勤務に変更になったとの連絡がきました。

地域職であるが、今後も転勤になる可能性もあるとの通知も同時に来たとのことでした。その人は、家族のことも考えて、泣く泣く内定を辞退し、再度就職活動を始めました。

自分のミスだと後悔していました。

お気づきだとは思いますが、次の転職先が決まるまでの間貯金を切り崩して生活することとなります。このように場合によっては、きちんと失業保険の手続きをしておいたほうがいいこともあるかもしれません。

 

まとめ

uターン転職をする際には後悔のないように最低3つのことを行う必要があります。

可能な限りの転職サイトに登録し、地元のハローワークも最大限に活用すること、住環境に関する情報を事前にしっかり集めておくこと、貯金をしっかりしておくことです。

これらのことを行ってももしかすると想定外のアクシンデントがおこるかもしれないことは注意しましょう。