転職したけど失敗したみたい。出戻りって3ヶ月以内ならできる!?

転職の道標

すごく念入りに福利厚生や給与面などを調べて転職に失敗しないように転職したのに、なぜか、3ヶ月以内に前の職場に戻りたくなる人がでてきます。

それも結構な割合の人が出戻りたくなるんです。

実際に退職してしばらくしてから、もとの職場に戻って来る人もいます。一大決心をして転職したはずなのにどうして元の会社への出戻りを考えてしまうのでしょうか。

その理由とそう感じたときの対処法についてご紹介します。

 

せっかく転職したのにどうして出戻りたくなる?

転職者が出戻りを3ヶ月くらいでしたくなるのにはおおきくわけて2つの理由があります。

1つ目はホームシックによるものです。ホームというと語弊がありそうですが、ホーム=元職場でOKです。

元職場は嫌なことや辛いこともあったでしょうが、それなりに快適に仕事をして、心地よい瞬間や愛着を感じる瞬間があったでしょう。

それが、ふとしたときに溢れ出て来るので、ホームシックのようなものなのです。

これは、期間限定みたいなもので、そのうちに段々と出戻りたくはなくなるので、「あぁ、ホームシックなんだな。」と思うようにしましょう。

もう1つの理由は、結果がだせていないことに焦っているからです。

3ヶ月というと、ちょうど、試用期間も終了して本格的に業務で成果を求められている時期です。会社文化の違いにも戸惑いながら懸命に業務に取り組んでいる時期ではないでしょうか。うまくいかないことがあると、「以前ならこんことくらいスムーズに処理できたのに」と思うかもしれません。

これは、今の職場のやり方や文化の違いでそうなっているだけなので、経験をすれば変わってきます。

 

出戻りって制度はある?

時々、戻りたくなったから戻ろうかなどの理由で、元いた職場の上司などに、出戻りを打診する方がいます。端的に言います。

転職者向けの出戻りという制度はありません。ましてや3ヶ月くらいなら、なぜ辞めたばかりでそのようなことを言ってくるのかと人事課の人は頭を抱える可能性もあります。

それに、仮に転職者が出戻りに成功をしたとしても、自分の思った通りにはならないことのほうが多いです。

一度退職しているので、あなたがもともとしていた仕事は他の人が引き継いでおり、あなたは別の業務にあたることになるでしょう。

また、一度やめることで給与が下がる可能性もあります。

社歴がゼロからの再スタートなので、出世が期待できない可能性も高くなってきます。また、信頼は取り戻すのに時間がかかるのは誰もが知っていると思いますが、出戻りの場合も同様です。

社内の信頼をどうやって取り戻すのか、何も口にだしては言わないが、冷たい目で見てくる人もいます。

このように出戻りはあまりおすすめできません。

 

もし出戻りできるとしたらどんな人?

出戻りに成功する人には一定の傾向があります。

まずは、円満退職をしていること。もともと勤務態度なども真面目で退社のときも時間をかけるなどして円満退社をしている人は、比較的受け入れてもらえる可能性が高いです。

また、同僚とも退職後も付き合いがあるなどの場合も比較的理解を得られる可能性があります。

そして、なによりも一番大事とも言えるのが、人事権をもっている上司との信頼関係です。会社で仕事をしていくためには、多少なりとも上司との相性もありあます。

元の職場で採用してくれるのか、仮に採用となったとして、どの上司の元になるのかというのは人事権のある人の裁量できまります。

こういった、人間関係が良好である人は出戻りの可能性が少しあるといえるでしょう。

 

出戻りしたくなったら

出戻りしたいけど、出戻りできないときはどうしたらいいのでしょうか。

まずは予防として、きちんと出戻りしたいと思うかもしれないと理解した上で転職することです。

最初に想定していれば、想定内のこととして処理することができるでしょう。

そして、そういった気持ちになったら、期間の問題かもしれないと思ってもう3ヶ月転職先で頑張ってみましょう。意外とこれによって改善されることが多いです。

自分は大丈夫だろうと考えていてもどうしても実際に入社してみると、予想を上回る状態でても解いた職場に戻りたいと思うかもしれません。

出戻りにはマイナスなことがいっぱいなのでやめておくのが無難です。しばらくそこの職場で頑張って見てもダメなときは、新しい転職をしたほうがいいでしょう。

転職を繰り返すやつというレッテルは避けることはできませんが、極悪条件で労働するよりかはうんとましだといえます。

 

まとめ

転職したあと出戻りをしたくなるのは3ヶ月くらいたったときが多いと言われています。多くの場合は、ホームシックのような状態であったり、以前とは異なる会社文化に慣れていないだけであることが多いです。

出戻りという制度はないため、一度辞めたところに戻るのはとても難しいですし、戻ったとしても、元いたポジションでなかったり、給与面でも不利なことがあるかもしれません。それでも、出戻りをする人ももちろんいます。

職場の人たちとの人間関係が良好出会った人です。

もし、転職したあとに出戻りたくなったらもう3ヶ月その職場で頑張ってみて、状況が変わるか否かを確認の上、それでもよくなければ再度転職しましょう。