Uターン転職のメリットは?30代女性は結婚も視野に入れて考えよう

高校、大学の進学や就職をきっかけに、地元を出て都市部へ移住してきた方もたくさんいると思います。

何年も過ごす中で、都市部での生活も慣れてくるとは思いますが、やはり、生まれ育った土地での生活スタイルは体に染みついているのか、地元が過ごしやすかったりしますよね。

私も、就職と同時に他県へ出て10年以上になるのですが、やはり、「地元が一番」と帰省するたびに感じます。

就職したての頃は、仕事を覚えたりするのに精一杯ですが、入社して数年経つと、「この仕事をずーっと続けるよりも、住み慣れた地元に帰って生活したいな」という気持ちも出てくるのではないでしょうか。

特に、30代になってくると、結婚も視野に入ってきて、“どこに住んで生活するのか”ということがとても重要になってきます。

そんな人たちの中には、「やっぱり地元に帰る!」と決断して、Uターン転職をする人もいます。

今回は、特に仕事に慣れて、結婚や仕事、住む場所などについて悩み始める30代女性の方に向けて、Uターン転職について説明したいと思います。

 

そもそもUターン転職とはどんな意味だったっけ?もう一度確認しよう

では、そもそも、Uターン転職とはどういう意味でしょうか。一度確認しておきましょう。

Uターンと転職は“地方出身者が進学・就職などで都市部へ移住したあと、再び出身地へ戻って就職すること”です。

都会の方が仕事が多いなどの理由で、一旦、地元を出ていくのですが、働くうちに仕事が自分に合わなかったり、職場の環境があまり合わないという人がUターン転職を考ええるようです。

Uターン転職となれば、帰る場所も自分の実家があるので、実行に移しやすいですよね。こんな時には、実家のありがたさを改めて感じるものです。

特に結婚している女性などの場合は、“親の近くで子育てをしたい”と思い、Uターン転職を決意する人も多いようですよ。

以上でUターン転職の意味は改めて確認できたと思いますが、簡単に言うと、「地方⇒都市部で就職⇒地方へ戻り転職」というのがUターン転職ということですね。

 

Uターン転職のメリットとデメリットを知った上で、転職を検討しよう!

Uターン転職

次に、Uターン転職のメリットとデメリットを確認しておきましょう。

当然、得るものがあれば捨てるものもあるので、自分にとって何を優先すべきかを良く考える為にもメリット・デメリットはしっかりと把握しておきましょう。

Uターン転職デメリット

1つ目は、仕事の選択肢が減ることです。都市部から地方に行けば、当然仕事の種類は減ります。なので、現職と同じような仕事を探しても求人自体が無いこともあります。

仕事の選択肢が少ないので、場合によっては自分のやりたい仕事をあきらめる必要があるかもしれません。

2つ目は、給与の所得水準が下がることです。やはり、都市部の方が地方より給与が高いです。内閣府のホームページにも県民経済計算の結果が公表されていますが、これを見れば、地方と都市部で給与が違うことは明白です。

現在公表されている最新版は平成27年度のものですが、この資料を見ると、県民所得が分かります。

県民所得で断トツのトップはやはり東京都で、そのあとに、大阪、愛知、神奈川と続きます。一人当たりの県民所得は1位の東京都と最下位の鳥取を比べると、2.5倍も違います。

2位の大阪と比べても1.4倍の差があります。この数値がそのまま、年収の差になるかといえば、そうではありませんが、確実に地方と都市部で給与の差はあります。

Uターン転職のメリット

1つ目は、ゆとりのある暮らしができることでしょう。

都会にいれば、人が多くて休日に出かけるのもストレスですし、通勤時の満員電車などもストレスになるでしょう。

 

しかし、地方は都会と比べて人も少なく、それほどストレスを感じずに過ごすことができるでしょう。何より、自分の住み慣れた土地で、気の合う仲間たちあって楽しんだりと、気持ちにゆとりも生まれるでしょう。

2つ目のメリットは生活費が安いということです。やはり、都会よりも物価が低いので、生活費を押さえた暮らしができます。

特に、都会で賃貸に住んでいた人にとっては大幅なコストダウンが可能です。都心ならば、2LDKで家賃15万円以上するような物件が、地方ならば、10万円以下で借りることも可能です。

さらに、実家暮らしができる人ならば、家賃0円ですね!なので、実家暮らしでしっかりとお金を貯めてマイホームを建てるという計画もできます。

3つ目は、子育てのサポートを受けることができるということです。

私はこのメリットが一番大きいと思っています。

やはり、子供が生まれるまで出産を経験していない奥さんは不安を抱えながら日々過ごしています。そんなときに、自分の母親がそばにいるほど心強いものはありません。

出産が終わって、いずれ職場に復帰したときも、実家の存在はとても偉大です。保育園のお迎えに行ってくれたり、夕飯を食べさせてくれたりなど、共働きの家庭にとってはすごく助けになります。

なので、結婚のことを視野に入れ、子育てのことまで考えると奥さんの実家にある地域にUターン転職するのがベストだと思います。

まず、仕事・キャリアアップ、結婚、子育て・・・何を優先させるのかを考えてみましょう。

 

まとめ

1.Uターン転職の意味は、簡単に言うと「地方⇒都市部で就職⇒地方へ戻り転職」といこと。

2.Uターン転職のメリット・デメリット

【デメリット】

①仕事の選択肢が減る

②給与の所得水準が下がる。内閣府のホームページにも県民経済計算の結果が公表されており、これを見れば、地方と都市部で給与が違うことは明白。

県民所得で断トツのトップはやはり東京都で、そのあとに、大阪、愛知、神奈川と続く。

一人当たりの県民所得は1位の東京都と最下位の鳥取を比べると2.5倍も違う。

2位の大阪と比べても1.4倍ちがう。

【メリット】

①ゆとりのある暮らしができる。通勤時の満員電車などのストレスもない。

②生活費が安い。特に、都会で賃貸で住んでいた人にとっては大幅なコストダウンが可能。都心ならば、2LDKで家賃15万円以上するような物件が、地方ならば、10万円以下で借りることも可能。

さらに、実家暮らしができる人ならば、家賃0円!

③子育てのサポートを受けることができる。私はこのメリットが一番大きいと思う。

子供が生まれるまで出産を経験していない奥さんは不安を抱えている。そんなときに、自分の母親がそばにいれば心強い。

いずれ職場に復帰したときも、保育園のお迎えに行ってくれたり、夕飯を食べさせてくれたりなど助けてくれる。

なので、結婚のことを視野に入れ、子育てのことまで考えると奥さんの実家にある地域にUターン転職するのがベスト。

 

これからUターン転職を考えている方たちは、この記事を参考にメリット・デメリットを考え、今後の人生設計の参考にしてみてください。