遠距離恋愛で結婚するなら転職して男性の住む地域へ行くべきか?

遠距離の結婚事情

世の中には、せっかく付き合っていたのに、遠距離恋愛になってしまって少し寂しい思いをしている人もいますよね。

学生時代付き合っていたけど、社会人になると同時に離れ離れになってしまったり、社会人になってから出会って付き合い始めたけど、片方が転勤して他県や海外に行ってしまった・・・などなど色々な理由で遠距離恋愛になってしまうことはありますよね。

そんな中で遠距離恋愛を続けていくと、いずれは“結婚するかどうか“で悩みますよね。結婚するなら彼に転職してもらうのか?

それとも自分が転職して男性のそばに行くべきなのか?・・・

今回の記事は、こんな悩みを持つ人の為に、少しでも役に立てばと思い、書いています。仕事も結婚も上手く行くように参考にしてみてください。

 

遠距離恋愛から結婚するときのタイミングってあるの?

結婚するときのタイミング

遠距離恋愛を続けるのは、会いたいときに会えなかったり、普段どんな生活を送っているか分からないため、かなり不安も多いですよね。

お互い結婚を考えているけれど、遠く離れていると中々、結婚のタイミングがつかめなくて、ズルズルと遠距離恋愛が長引いてしまうということもあります。

では、遠距離恋愛から結婚へと話を進めるのにいいタイミングっていつ頃なんでしょうか?

1つ目は、結婚する年齢をお互いに話し合って、大体決めておくことです。
そうすれば、お互いどちらかの誕生日の時にでも、結婚について話を進めやすくなります。

男性ならば、誕生日のプレゼントを渡して、プロポーズするのも良いのではないでしょうか。

2つ目は、二人の記念日などのタイミングで結婚の話を進めることです。「〇年目の記念日なので、後何年で結婚しよう」といった様な話を進める良いきっかけとなるはずです。

3つ目は、転職のタイミングです。転職に伴い、出勤時間や休日が変わるなど、生活環境も大きく変化します。

なので、大きな環境の変化に合わせて、結婚のことも一緒に考えるのも有りではないかと思います。

 

ちなみに、私の周りにも遠距離恋愛を続けていた人たちが10組ほどいましたが、結婚までたどり着いたのは1組だけでした。

やはり、遠距離恋愛は結婚というゴールが無いと続けることは難しいのではないかと思います。遠距離恋愛中の皆さんは、是非、一度二人の将来について話してみてくださいね。

 

結婚を機に男性の住む地域へ行くか考えるときに重要なこととは

住む地域へ行く

いざ、結婚するとなれば、どちらか、または両者ともに引っ越しが必要ですよね。

また、特に女性の場合は、結婚するときに仕事を辞めるのか、働き続けるのかも考える必要がありますね。

逆に男性の場合は、仕事をそのまま続けるのが普通です。なので、やはり、女性が男性の地域へ引っ越す方が良いのでしょうか?

それは、住む地域の生活環境に対応できるかによります。

例えば地方から東京に行く、またはその反対に東京から地方へ引っ越すとなると、生活環境は大きく変わります。

東京での生活は、地方から比べるとゆったりできないと感じる人も多いです。また、地方では車での移動がメインですが、東京ならば、電車での移動がメインとなります。

当然、今まで仲の良かった近所の友人などとも別れなければいけません。このように、生活環境が大きく変わるので、これに対応できるかが重要です。

後々に、「引っ越したけどやっぱりこんなところで生活できない!」とならないためにも、何度か相手の家に足を運び、可能ならば長期休暇を利用して、相手の地域で生活してみましょう。

生活環境が合わないのであれば、しっかりと相談し、自分側の地域への引っ越しも検討してもらいましょう。

さらに、女性が引っ越して結婚した後も仕事をしたい、または、経済的に働く必要があるので転職をするという場合は、生活環境の変化に加えて、転職先を探すという問題も出てきます。

注意すべきことは、“転職先が決まる前に会社を辞めない“ということです。

先に会社を辞めて、引っ越し後に転職しようとすると、職に就けない期間が長引くほど焦りが募ります。その結果、冷静に転職先を見れなくなってしまうからです。

焦って転職先を決めて、結局、新しい職場が合わないなんてことにならないために、心に余裕を持った転職をおこないましょう。

最後に、私個人的な考えですが、できれば、どちらかの実家が近くにある地域に住むのがベストだと思います。

結婚当初、2人で暮らしている場合には問題ないのですが、いずれ、子供ができれば、出産のために入院しなければいけません。

そして、退院後も自宅でしばらく安静に過ごす必要があります。

さらに、子供が成長すれば、共働きの場合は保育園への送り迎えなども必要となります。

こういう時に実家がそばにあると、やはり助かります。特に女性側の実家に近い方がベストです。

出産後の自宅療養中や保育園のお迎えなど、気軽に頼れる存在がいるというのはとても大きいです。

事実、私も夫婦共働きですが、保育園のお迎えはお義母さんに頼んでいます。お迎えの後の夕飯もそちらの家で食べさせてもらっています。

実家が近いというのは、本当に助かるので、一生暮らしていく地域を選ぶならば、親が近くにいるというのも大きな要素になると思いますよ!

 

まとめ

1.遠距離恋愛から結婚するときのタイミングについて

①結婚する年齢をお互いに話し合って、大体決めておく。そうすれば、お互いどちらかの誕生日の時にでも、結婚について話を進めやすくなる。

②二人の記念日などのタイミングで結婚の話を進める。

③転職のタイミングです。転職に伴い、生活環境も大きく変化する。
大きな環境の変化に合わせて、結婚のことも一緒に考えるのも有り。

 

2.結婚を機に男性の住む地域へ行くか考えるときに重要なこと

①住む地域の生活環境に対応できるか。

②転職先を伴う場合は、必ず転職先を決めてから、今の会社を辞める。

③可能ならば、どちらかの実家が近くにある地域に住む

 

以上を参考に、悔いのない転職、引っ越し、結婚を進めてください!