転職するときに友人の紹介だったら志望動機にはどう書いたらいい!?

友達の紹介

求人を見ていても自分に合うようなところが探せずに、友人に相談すると、友人から自分が働いている会社がいまちょうど中途採用しているし、受けたらいいじゃないかと誘われると、悪い気がする人はいないでしょう。

転職するときに友人の紹介だとなんとなくメリットがあるのはわかるが、志望動機に何とかいたらいいのか悩んでしまうという人も多いはずです。

友人の紹介で転職を考えている人向けに、メリットとデメリット、履歴書の志望動機のおすすめの書き方について紹介します。

友人紹介で転職するメリット

メリット

友人からの紹介で転職する場合の最も大きなメリットは書類選考の必要がないなどの選考が有利になるケースがあるということです。

ただし、これは友人の会社での地位にも関係してくるので、紹介だけれども通常の選考と変わらないという場合もあります。

友人はあなたの能力を理解した上で自分の職場に誘ってくれていると思いますので、自分でもそこは評価してよいところでしょう。

また、試験官に事前にあなたの人柄や仕事の能力、今までの実績などは友人を通じてそれとなく耳にはいることもあるため、好印象を抱かれることも多いです。

このほかにも、転職前に企業が求めているスキルや仕事内容がわかる場合も多く、これについてしっかりと自分が適正化を考えることもできます。

仮に入社した場合、友人がいるということは、気軽に話せる社員がいるということになり、会社全体の人と馴染みやすいでしょう。このように友人の紹介であれば、たくさんのメリットがあります。

 

友人の紹介で転職するデメリット

デメリット

いままでメリットを述べてきましたが、逆にデメリットもあります。まずは、選考途中での辞退あるいは内定後の辞退が難しいということです。

実際の面接で待遇面が想像と違っているというケースはよくある話です。

通常ならば、辞退してもなにも問題は起きないのですが、友人の紹介であれば、友人が根回しをして面接となっている可能性もあり、会社側も転職の面接は形式上のもので転職してくることを当然と思っている可能性があります。

そんななかで辞退をしてしまうと、人間関係の大きなトラブルに発展する可能性もあり、大変危険です。特に、同じ業界内での転職の場合は、今後の関係性にヒビがはいるとその後まで尾をひくことが多いです。

また、入社後早々に何か仕事で大きな失敗した場合、紹介してくれた友人の資質も疑われる可能性があります。

また、再度転職をと考える場合は、就労期間が短すぎると、友人を怒らせたり、あなたの人間性が疑われたりするかもしれません。

人間関係で紡ぐ転職は人間関係を壊す可能性もあるため、転職の際にかなり慎重に考える必要があります。

そもそも転職とは勤労を行なっていく上ではかなり大きな決断となります。

現役時代をどこでどのような仕事をして過ごすのか。決して短い期間のことではありません。

転職先として友人の紹介があったとしても、安易に決めることなく、自分の将来ビジョンと照らし合わせて、本当にこの会社でいいのか、自分が後悔しないのかをしっかり考え慎重に決定する必要があります。

また、友人に紹介された場合も、必ずそこに転職するとは約束できないこと、大事なことだからしっかり考えたいなどの自分なりの意見を伝えるようにしましょう。

履歴書の書き方

履歴書

色々と熟慮の末に友人の紹介で転職することに決まるとなると、次に待っているのは、履歴書です。

この志望動機欄に友人の紹介があったから志望しました。と正直にそれだけを書こうとする人はいないでしょう。

では、どのように書くとよいのでしょうか。ポイントは、試験官としてなんと言われたらなるほどと思えるかということです。

基本は、通常の転職活動と同じように、「●●の業務内容に魅力を感じている」「御社の●●という企業理念は私が理想とする●●に非常にリンクする部分があり、働きたいと感じた。」などの会社や仕事に関する志望理由を書くようにしましょう。

給与や福利厚生のことはあまり書かないほうがいいでしょう。

また、友人の紹介でもあるということをさりげなくアピールするためには、「●●などの事業に興味を持っていて調べていたところ、知人より貴社の紹介を受けて、より興味が深まりました。」などと元々興味があった+紹介でより興味がでてきたということを書くとよいでしょう。

 

まとめ

友人の紹介で転職するにはメリットとデメリット両方あります。

メリットはずばり友人の紹介だからこそ面接や選考の際にアドバンテージを得やすい、転職先についてある程度働いている人から生の声を聞くことができる、転職が決まった際に会社と馴染みやすいということです。

逆のデメリットは、人間関係で紡ぐ転職であるために人間関係を壊す可能性もあったり、選考途中や内定後に辞退をしにくいといったことです。

通常の転職と異なる友人の紹介だからこそ、メリットデメリットについてはしっかり熟慮して、選考を受けるかどうかも含めて慎重に決断する必要があります。

履歴書の志望動機の欄には、基本的には友人の紹介であることは記載せず、通常の志望動機と同じことを書きましょう。さりげなくアピールする場合には「元々興味があった+友人の紹介でより興味をもった」といった感じに書くとよいでしょう。

 

転職は人生のなかでも大きな分岐点ですので、しっかり検討して決断しましょう。