転職の面接で志望動機を聞かれない場合は不採用決定なのか!?

不採用

転職の面接で、「志望動機を聞かれなかったから、もしかして不採用なの!?」って不安になっている人っていませんか?

転職の面接といえば、退職理由と志望動機は必ず聞かれる質問だと思いますよね。実際に私も転職の経験があり、多くの企業でこれらの質問をされてきました。

しかし、私が転職して今働いている会社の面接では、退職理由は聞かれたけれども、志望動機は聞かれなかったのです!!

面接で志望動機が聞かれなくて不安になっている人のために、本記事では下記内容について説明します。

POINT

・面接で志望動機を聞かれないことはあるのか?

・面接で志望動機を聞かれない5つの理由とは・・・

少しでも転職活動をしている人の参考になればと思いますので、最後まで読んでみてくださいね。

 

面接で志望動機を聞かれないことはあるのか?

面接の採用側

先にも書きましたが、志望動機を聞かれないことは、実際にあります。

私も経験しました。

転職時の面接といえば前職の退職理由と志望動機はほとんどセットで聞かれることが多いと言われていますよね。

色々な転職サイトやネットでも「志望動機を履歴書にどう書くか」、「志望動機について面接でどう話すか」などアドバイスを多数見かけたことがあると思います。

私が使っていた転職サイトの転職エージェントにも、転職理由をメールや電話などでやり取りし、ダメ出しされて直したりしたこともあり、結構苦労して考えた記憶があります。

しかし、いざ面接になると場合によっては志望動機を聞かれないこともあるんです!

では、なぜ、みんなが気にする志望動機を聞かないのか不思議に思いますよね?

あんなに重要だと様々なサイトで言われ、転職エージェントからダメ出しまでされる程、重要視されているはずなのに、質問されないなんて、私も夢にも思いませんでした。

 

面接で志望動機を聞かれない5つの理由・・・

志望動機を聞かれない理由は・・

では、なぜ、志望動機を聞かれないのでしょうか?

その理由はいくつかあり、大きく分けて5つあります。

質問するのを忘れた

実は単純に志望動機を聞き忘れていることがあります。

企業によっては、質問シートの様なものを面接官が用意しており、こちらの回答を記載しているので、質問を忘れることはありません。

逆に、質問シートなどを特に用意はしないで、こちらの提出書類などを見ながら面接を行う企業もあります。そのような時には、質問を忘れてしまうこともあるようです。

特に、1日で何十人も面接する場合もあり、このような時には面接官に疲労が貯まっていきます。そのため、後半の面接では質問することを忘れてしまうことがあるのです。

このケースでは、「志望動機を聞かれなかったから、不採用となるかも」と不安になる必要はありません。

関心がない

面接官が応募者に興味がない場合も志望動機を聞かれないことがあります。

このケースは正直、不採用となる確率が高いです。なぜ関心が無いかという理由は100%は分かりませんが、「最初の第一印象が悪かった」場合や、「すでに採用する人が別に決まっている」ことなどがあるようです。

このケースの場合は、早めにこちらも見切りをつけて、別の企業の面接へ向けて気持ちを切り替えましょう。

本音を聞こうとしている

このケースは、「志望動機を聞いても本音を聞けない」と面接官が考えている場合です。

志望動機は当然、聞かれると思ってみんが事前に準備しています。
そのため、模範解答の様なきれいな返事しか聞けないことが多いのです。なので、考えてもいないような質問を敢えてして、それに対する応え方を試している場合があります。

質問する必要が無い

職務経歴書や履歴書にある程度、きちんと志望動機が書かれている場合、あえて質問する必要がないというケースもあります。

この場合も、志望動機を聞かれないことが直接、不採用にはつながりません。他の質問に真摯に答えましょう。

採用したいと思っている

最後は、採用したいと思っている場合です。こちらの場合は、当然言葉通り、採用される確率が高いです。このケースでは、志望動機よりも他の、もっと知りたいことについて話を聞きたいと考えているのです。

実は、私の採用された場合もこのケースなのではないかと思っています。

席について、軽く自己紹介や世間話などをした後、「どんなスキルがあるのか」、「どんな部署で具体的にどんな仕事をしてきたのか」、「うちの会社に入ったら、こういう仕事があるがどう思うか?」などを色々と聞かれ、そのあとはこちらからの質問に答えてもらい、面接終了となりました。

この面接では初めて、志望動機は聞かれなかったのですが、採用されました。

やはり、面接官の表情などを見ていても、こちらに好印象をもっているのかなぁというのがどことなく伝わってきました。

このケースの場合は、安心して、聞かれた内容に真摯に答えましょう。

以上の様に5つのパターンを紹介しましたが、不採用となる可能性の高いものから、逆に採用される可能性が高いものまで色々とあります。

なので、志望動機を聞かれない=不採用と決めつける必要はありません。後は、どのパターンなのか面接官の表情などを見て判断していきましょう。

参考に、以下の動画でも「面接で志望動機を聞かれなかったから不採用とは限らない」ということについて、解説していますので、確認してみてください。

 

まとめ

1.面接で志望動機を聞かれないことはありえる。
  だが、不採用と確定しているわけではない。

2.志望動機を聞かれない理由は大きく分けて5つある。

理由によっては、不採用となる確率が高かったり、逆に採用となる可能性が高い場合もある。

志望動機を聞かれなかったからといって、落ち込んだり悩んだりする必要はありません!
過ぎ去ったことはあまり深く考え過ぎないで、転職活動を進めていきましょう!