SPIの結果があまりにもボロボロでは転職活動しても内定は出ない!

spi ボロボロ 転職

「SPI」、この言葉を聞いたり、求人募集の募集要項にのっているのを見ただけで、ちょっと敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。

私自身、転職の経験がありますが、「結構いい条件の仕事だな」と思っても、「SPI」の文字を見つけるとちょっと応募を躊躇してしまいます。

いつの間にか自然と「SPI」のあるものを避けて求人募集を見ていた時期もありました。

ですが、「SPI」があるからといって自分のやりたい仕事をあきらめるのはもったいないです!

されど、「SPI」は試験に変わりありません。受ければいいというものではなくて、やはりそれなりの点数を取らなければ、内定は取れません。

そこで、「SPI」をやる意味や合格ライン、どんな問題がでるのかについて解説したいと思います。

「SPI」に苦しんでいる人はぜひ、読んでみてください。

 

SPIってそもそもなんでやるのか?どんなものか確認してみよう

spiの確認

SPIとはSynthetic Personality Inventoryの略で企業が求職者の能力を測るための試験です。

この試験は、“言語問題”、“非言語問題”、“性格検査”の3つで構成されています。

現在は多くの会社が導入しており、新卒で就職活動しているときに受けた人も多くいるのではないでしょうか。

SPIを通して、企業は履歴書だけでは判断できないような能力を確認しようとしているのです。

考えてもみてください、もし、経理の人を採用するとして、極端な話「四則演算ができない」人を採用してしまっては後々困りますよね。

いくら人柄がよいといっても最低限持っていて欲しい能力というのはあるはずです。

その最低限持っていて欲しい能力を確認するために、SPIを実施するのです。なので、当然、必要な能力がないと判断されれば、落とされます。

つまり、SPIがボロボロでも受かるということはほとんどないといっていいでしょう。

SPIは新卒だけでなく、中途採用でも実施する企業が増えてきています。SPIには、高卒採用時に使われる「SPI-H」、大卒の採用時に使われる「SPI-G」、そして中途採用に使われる「SPI-G」があります。

なので、転職活動している人が受けるとしたら「SPI-G」になります。実際はSPI-UやHとほとんど変わりませんが、若干、言語問題の難易度が高めで、非言語問題が易しくなっているとのことです。

また、SPI-U、Hにない問題として、地図の縮尺の問題が出るようです。

 

SPIって満点取らなければならいの?合格ラインはあるのか?

SPI 合格

では、SPIって満点取らなければいけないのでしょうか?

もちろん満点を取るのに越したことはありませんが、先ほども書いたように、企業に必要最低限の能力を持っていることが分かれば良いのです。

では、合格ラインはどの程度なのでしょうか。

実は、中途採用の場合のSPIの正答率は言語問題と非言語問題合わせて、3~4割でよいといわれています。

これに加えて、性格検査で企業と相性が良いということが分かれば、問題ありません。

これが、企業の求める最低ラインということになります。

高いところでも、正答率5割程度までしか求められないようです。なので、5割以上の正答率が出せればまずはOKです。

そのためにもしっかりとした対策が重要になってきます。

 

どんな問題があるのか。しっかりと対策しておこう!

SPI 対策

では、SPIには具体的にどんな問題が出るのでしょうか。

言語問題では、熟語の意味や語句の使い方、長文読解などがあります。

長文読解はバラバラの文章を正しい順番に並べたり、必要な接続詞などを入れたり、長文後の質問に答える問題などがあります。

また、非言語問題では、仕事算、損益算、確率、方程式、濃度算などが出ます。これに加えて、地図の縮尺の問題などが出ます。

正直、これらは練習問題を解いて慣れる以外方法はないと思います。

私自身も1冊本を買って、練習問題を何回も解きました。試験当日は時間も限りがあり、戸惑っている暇はほとんどありません。

問題を見たら、パッと解き方がわかるレベルになるまで、練習問題を解きましょう。

正直、慣れれば簡単です。必ず解けるようになるので、手を抜かずしっかりと予習しておきましょう。

ネットを調べれば、より詳しい問題の説明や、おすすめの本などが紹介されていますので、必ずチェックしましょう。

 

まとめ

1.SPIの内容と必要性

・SPIは、“言語問題”、“非言語問題”、“性格検査”の3つで構成されている。

・SPIは最低限持っていて欲しい能力を確認するためのもの。

・中途採用の人が受けるのは「SPI-G」。SPI-UやHとほとんど変わらないが、若干、言語問題の難易度が高めで、非言語問題が易しくなっている。

・SPI-U、Hにない問題として、地図の縮尺の問題が出る。

 

2.SPIの合格ライン

・言語問題と非言語問題合わせて、3~4割。高いところでも、正答率5割程度。

・これに加えて、性格検査で企業と相性が良いということが分かれば、問題ない。

3.SPIへの対策

・問題を解いて慣れるしかない。

・おすすめの本などもネット上に情報があるので、買って勉強する。

 

以上を参考に、SPIの対策を立てれば、これから転職活動するのにもとても楽ですよ!
もうSPIを怖がる必要はありません!

 

自分の理想の企業を自信をもって受けてくださいね。