転職活動で面接に行きたいけど欠勤するときの良い理由ってある?

転職活動をしている皆さんの中には、すでに退職済みの人もいれば、まだ現職で働いている人もいると思います。

働きながら転職活動する上での悩みの一つに、「面接の時間を作る」ことがあげられるのではないでしょうか。

相手も企業ですから、「こちらが休みならあちらも休みだし、面接時間も定時時間と重なる」なんてことはよくある話です。

そうなると、やはり、会社を欠勤する必要があるのでしょうか。

また、欠勤するときに良い理由はあるのでしょうか。

そんなな悩みを持つ方に今回は、在職しながら面接時間を確保する方法について紹介したいと思います。

転職活動中の方はぜひ、参考にしてみてください。

 

欠勤しなくても良い?まずは相手企業に調整できないか聞いてみよう

現職の会社をできるだけ休みたくない人は、そもそも欠勤しなくて済むように時間調整をしてみましょう。

交代勤務の場合は、夜勤の終わった日中などに面接時間を設定してもらうことも可能でしょう。

しかし、平日に日勤で働いていて、土日休みという人も多いいですよね。むしろ、ほとんどの人がそうなのではないでしょうか。

そんな人は、定時後に面接できないか、また、土日に面接できないか確認してみましょう。

相手の企業も提出書類を見た時点で、働きながら転職活動していることも分かっています。なので、相談すれば意外と柔軟に対応してくれます。

これは、全然失礼なことではないので、正直に「この時間では駄目でしょうか」と何日か候補と、希望時間を伝えてみましょう。

私の場合も平日の18時過ぎに対応してもらったり、土曜日に面接してもらったこともあります。

製造業の場合、土曜出勤している場合もあるので、意外と対応してくれますよ。ただ、土曜日は現場が休みだったので、現場見学はできませんでしたが・・・。

但し、日曜日の面接や、平日の19時を過ぎると、だんだんと対応することが難しくなるようです。

平日の定時後に面接する場合は、なるべく定時ピッタリに仕事を切り上げ、早めの時間で面接に行けるように準備しておきましょう。

それから、面接が進むにつれて、面接官も部長や役員など、役職の高い人が出てきます。

そうなると、逆に向こうの時間に合わせる必要も多々出てきます。

なので、そのような面接の場合は、逆にこちらが有休などを使って対応しましょう。

その為にも、1次、2次など初めのほうの面接はできるだけ、有休や欠勤を使わないで対応できる時間へ調整してもらうのがベストです。

 

休みを取る必要があるなら有休、欠勤しよう!意外とすんなり通ります

相手の会社と面接の時間を調整しても、1次面接、2次面接、最終面接・・・と数をこなせば、場合によってはやはり、仕事を休まなければならないことも出てくると思います。

そんな時は、有休や欠勤を取りましょう。

「休みを取る理由はなんて言えばいいかな・・・」と悩む人もいるかもしれませんが、「休ませてください」と言えば、理由までは細かく聞かれることはほぼありません。

仮に聞かれたとしても「私用があって・・・」とか言っておけば、それ以上聞いてくるような人はいないでしょうし、答える必要もありません。

なので、そこまで恐れずに有休や欠勤を取りましょう。

1点アドバイスがあるとすれば、できるだけ時間休や半休などで対応しておくほうが良いでしょう。

その理由としては、面接期間中は1次、2次・・・と続けて休むことも増えてくると思います。

あまり休みが重なると職場にも迷惑が掛かりますし、上司や周りの同僚も「また休みか?」という目で見てくることもあります。

特に製造現場系の仕事であれば、その傾向は強いです。なので、できるだけ必要最低限の休みで対応し、休みが続いても仕事に影響が出ないように工夫しましょう。

私も最終面接のときには、1日休みをとりましたが、そのほかの面接の場合は、午後または午前中の半日だけ休んだりしていました。

皆さんも、面接がある場合は、短期間のうちに休みを連続して取る可能性があるということを頭において、有休や欠勤を取得しましょう!

 

まとめ

1.現職の会社をできるだけ休みたくない人は、そもそも欠勤しなくて済むように時間調整をする。

  • 平日勤務、土日休みという人は、定時後に面接できないか、また、土日に面接できないか確認する。
  • 相手の企業も提出書類を見た時点で、働きながら転職活動していることも分かってるので、柔軟に対応してくれる。
  • 日曜日の面接や、平日でも19時以降の面接になるとあまり対応してくれない。
  • 面接が進むにつれて、面接官も部長や役員など、役職の高い人が出席する。

そうなると、逆にこちらが向こうの時間に合わせる必要もでてくる。

 

2.休みを取る必要があるなら有休、欠勤を使う。

・1次面接、2次面接、最終面接・・・と数をこなせば、場合によっては仕事を休む必要が出てくる。

・休みを取る理由はなんて言えばいいかな・・・」と悩む必要はない。

「休ませてください」と言えば、理由までは細かく聞かれることはほぼない。

・仮に聞かれたとしても「私用があって・・・」と言っておけば、それ以上聞いてくるような人はいないし、答える必要もない。

・1点アドバイスがあるとすれば、できるだけ時間休や半休などで対応しておくほうが良い。

その理由は、面接期間中は1次、2次・・・と続けて休むことも増えてくるから。

あまり休みが重なると職場にも迷惑が掛かるし、上司や周りの同僚も「また休みか?」という目で見てくることもある。

以上を参考に、面接の時間調整や有休、欠勤をうまく使って転職活動を進めてみてください。