転職の面接を急遽辞退したい!でも、さすがに当日連絡するのはNG?

面接辞退を連絡する

転職活動を進めていると、第一志望の会社の内定が決まったりして、別の会社の面接を辞退しなければならないことってありますよね?

でも、当日に面接の辞退を告げるのって、問題あるのでしょうか?

「ただでさえ、断るのには後ろめたさがあるのに、さらに当日告げるのってなんか言いにくい・・・」と考え、ついつい、辞退を伝えるのに億劫になってしまいますよね!

そんな、転職活動にありがちな悩みについて、本記事では、下記の通り説明します。

面接辞退で激怒!・・・なんて採用担当はいません!

面接の採用担当

転職活動を進めている中で、第一志望の企業から内定をもらい、面接を“当日にキャンセルしたい”という状況も出てくると思います。

そんな時は、すぐに担当者に電話で連絡しましょう。

面接の日まで、ある程度日程がある場合はメールでも良いのですが、当日は相手がメールに気づくまでに時間がかかることも考えられます。

特に面接当日ともなれば、採用担当の面接官は朝からドタバタと忙しくしている可能性もあります。

確実かつすぐに連絡できるように電話で連絡をしましょう。

連絡しにくいからといって、無断で欠席するのは絶対にNGですよ!せっかく、あなたのために時間を割いて、場合によっては、重役の人たちの時間も調整して面接予定を組んでいてくれるのです。

そこで、無断で欠席されたら、他の人にも合わせる顔がありませんよね!?自分が面接官の立場になってみればわかることだと思います。

私が面接官の立場で、無断で欠席されたら、「どうせなら、早く言ってくれ!そうしたら、余計な時間を使わずに済んだのに・・・」という気持ちになります。

面接官である以上、当然、断ることもあれば、断られることも覚悟しています。なので、大切なことは、自分の意思をはっきりと伝えることです。

「他の企業から内定をいただいたので、辞退いたします。面接はキャンセルさせてください。」としっかりと意思表示をしましょう。

直前だからといって、怒るような面接官はいません。

当然、残念であるという気持ちはあると思いますが、そこまでです。逆に無断で欠席された時の方が、怒りの感情が生まれるものです。

なので、恐れず、早めに、しっかり意思表示をしましょう。しっかり意思表示すれば、面接官も無駄なく次の作業に移ることができます。

 

面接辞退を伝えるときにはどうやって伝える?5つのポイントを紹介

面接の辞退を伝える

面接を辞退する際には、とにかく早く、自分の意思を伝えるべきだということは分かったと思います。

では、具体的にどんな手順で面接官に伝えればよいのでしょうか。その具体的な手順を説明したいと思います。

まず第一、“名前と用件を伝える”です。「〇〇と申します。採用面接の件で電話させていただいたのですが、採用担当の□□様はいらっしゃいますか?」と伝えましょう。

第二に、担当者につないでもらったら、“名前、面接予定日を伝え、相手が電話可能な状況か確認”しましょう。

第三に、担当者と連絡が取れたら、すぐに用件を伝えましょう。“〇月〇日に面接予定の〇〇です。本日は、面接を辞退させていただきたく連絡いたしました”といった感じです。

もし、理由について聞かれてきたら、正直に“第一志望の企業から内定をもらった”といいましょう。

第四に、“選考にお時間を割いていただいたのですが、申し訳ありません”とお詫びの言葉を伝え、電話を切りましょう。企業にお世話になることがなくなっても、最後まで誠意をもって、丁寧な対応を心がけましょう。

最後に、面接担当者に連絡がつかなかった場合、伝言を頼み、可能ならばメールなどで連絡を入れましょう。

そして、再度、時間を見て連絡し、直接、自分の言葉で辞退の旨を伝えましょう。

ちなみに、私も当日ではありませんが、面接辞退の連絡をしたことがあります。最終面接まで進んでいたのですが、やはり、別の企業の方が魅力があり、断りの電話をしました。

自分が最終面接に残ったため、落とされる人もいたでしょうし、採用担当もほぼ、内定を出してくれる気でいました。

「最終面接では社長に合ってもらうけど、ほぼ落ちることは無いから」とも声をかけてくれ、親切にしてもらっていたので、余計断りの電話を入れにくかったことを覚えています。

ですが、採用担当の人柄に惹かれ、企業を選ぶことがベストかといえば、そうではないともいます。

自分が一生、働くかもしれない会社を選ぶのにやはり後悔はしたくありませんでした。

なので、勇気をもって連絡をしました。この時の相手の対応はあっさりしたもので、特に、辞退の理由も聞かれませんでした。

皆さんも、転職する会社を選ぶのは大きな決断です。後悔しないように転職活動を進めてください!

 

まとめ

1.採用担当者に直接電話で連絡する。

2.無断での欠席はNG。必ず連絡をしましょう。

3.辞退する意思は正確に伝える。

4.面接辞退するときのポイントは以下5つ

  • 名前と用件を伝え、担当者につないでもらう
  • 担当者に名前、面接予定日を伝え、相手が電話可能な状況か確認
  • すぐに用件を伝える。理由について深く聞かれたら、正直に答える
  • お詫びの言葉を伝え、電話を切る
  • 面接担当者に連絡がつかなかった場合、伝言を頼む。そして、後程、自分で直接採用担当に辞退の旨を伝える。