転職で面接に挑む人へ!逆質問の回答はメモをとる方が良い?

メモをとる

転職活動を進めている人たちの中で、「面接まで進んだ!」っていう人はいませんか?

面接のチャンスを掴んだからには、何とか内定までこぎつけたいですよね!

私も面接が決まった時は、毎日とても緊張して過ごし、何度も志望動機や転職理由を見直したりしていました。

そんな中で、準備しておきたいのが逆質問です。

ネットでも「逆質問をすることで、相手企業へ興味があることをアピールできる」という声が多く挙がっていると思います。

では、せっかく逆質問したことに対する答えはメモをとるほうが良いのでしょうか?

「答えてくれているのに、ただ聞いているだけでは印象が悪い?」でも、

「メモをとるとしても、面接中にメモをとるのって失礼なのかなぁ?」・・・そんな風に悩んでいる人のために本記事では、下記内容について説明します。

 

POINT・メモは厳禁ではない。しかし、メモをとるよりコミュニケーションをとろう!

・逆質問も大事なのは、コミュニケーション!逆質問で人間性もアピール

 

メモは厳禁ではない。しかし、メモをとるよりコミュニケーションをとろう!

メモは厳禁ではない

そもそも、面接でメモをとること自体には大きな問題はありません。

メモをとりたい場合は念のため、「メモを取っていいですかと?」と一言伝えると良いでしょう。

しかし、面接において一番大事なことはいったいなんなのでしょうか?

そう!それはコミュニケーションをとることです!! メモをとることに夢中で一番の目的のコミュニケーションを忘れてはいけません。

面接官は、これまでの職務経験や志望動機を実際に言葉で聞くことにより、“相手がどんな人間なのか”、“どのような姿勢で仕事に取り込もうとしているのか”など色々と人間性を見ようとしています。

なので、メモをとるときに一番意識しなければいけないことは、“コミュニケーションをとる”という一番大事なことを邪魔しない程度にすることです。

なので、面接の一番始めから、いちいちメモをとったりして、コミュニケーションの妨げになることは、面接官に悪い印象を与えます。

面接官も限られた時間を使い、その中で面接を行っているので、スムーズに進むように必要以上のメモは控えましょう。

もし、メモをとるとしたら、提出物に関することや提出期限、労働条件など、必要最小限ににとどめておくのがベストだと思います。

面接官としっかり向き合い、自分の言葉で自分自身を伝えることに全力投球しましょう!

 

逆質問も大事なのは、コミュニケーション!逆質問で人間性もアピール

コミュニケーション

先にも書いたように、面接で一番大切なのはコミュニケーションです。

このことを考えれば、分かることだと思いますが、当然、逆質問をするときにも大切なのは、メモをとることではありません。

せっかく良い質問をしても、メモをとっていると、「話を聞いてないのではないか?」と受け取られ、マイナスの印象を持たれる可能性すらあります。

なので、メモのことなど気にしないで、“良い逆質問をすること”を考えましょう。

逆質問をして、コミュニケーションをしっかりとり、自分の人間性をアピールできれば、内定の可能性もグッと上がります!

逆質問に回答がもらえて、話がさらに広がるならば、追加で質問したりして、話題を広げていくのもありだと思います。

但し、この点は面接官のスケジュールもあると思うので、時間経過や相手の雰囲気をチェックして、長くなりすぎないように注意しましょう。

例として、私は面接時に“志望部署の仕事の全体像”や“気になった仕事の具体的な作業内容”について質問しました。

「〇〇という部署では、どんな仕事をするのですか?」、「□□という仕事についてもう少し詳しく教えていただけますか?」というようなやり取りをしていたのを覚えています。

このような質問していると、面接官からも「ところで、〇〇みたいなことってできる?」、「□□な仕事をもし、やるってなったら、できる?」とまた、聞かれて、まさにコミュニケーションがどんどん広がっていく感じでした。

但し、質問をするときに注意すべきこともあります。

 

それは、“事前に調べればわかることは聞かない”、“すでに話したことを繰り返して聞かない”、“有給休暇の取りやすさや残業のことばかりを聞かない”などが挙げられます。

以上に注意して、皆さんも良い逆質問を準備しておきましょう!

 

まとめ

1.メモをとることは厳禁ではない。メモしたい場合は面接官に許可をもらう。

2.面接で一番大切なことはメモをとることではない。
コミュニケーションをとること。

コミュニケーションを阻害するようならば、メモはとらない。